碑文スレートCiaruteun

27-12-2016 ボゴール的な地区 26479 データビューアー

Print


碑文コーヒープランテーションから、我々は碑文のスレートに向かって進み、I(トレッド象)が±200碑文コーヒープランテーション私の場所から数メートルですが、スレート碑文の標識は、我々が場所に着く時間によって失われる程度である。立地サイトCiaruteun±ボゴール市の南西19キロには、4輪駆動、または最大の場所に2輪で行くことができます。使用することができます - ボゴールルートCiampea siRNAをLebak-シンパンCiaruteun川下(場所)。ボゴールルートCiampea(±45分)を使用して、バイクタクシーに続いて交差点LebakのsiRNAに達し±1.5キロまでの場所に加えて。
碑文は村Ciaruteun、地区Cibungbulangが含まれています。 geogrfisで106°41'28、5 "Eと06°31'39、9" LSは海抜320メートルの高さに位置しています。三つの川に囲まれたサイトの領域、すなわち南側Ciaruteun川、西:Cianten川、北:Cianten川河口とCisadane川、西側Cisadane川。川のサイトへのボートCisadane Ciantenと踏切があります。サイトの土壌は肥沃な土地で、田植え、野菜、竹や他の作物で住民が使用する。この地域では3文字の碑文があり、Ciaruteun、Kebonコーヒー(トレッド象)とムアラCiantenだけでなく、他の巨石の間でそれはdakon石、立石、石パネルの巨石像が残っています。
レポートで知られる銘Ciaruteunは、1863 ADにBataviaasch Genootschapバンクンステン専用Wetenschappenを率い下流河口Cisadaneに約100メートルに位置Ciaruteun川を発見された。 1894 ADで洪水が発生した場合の情報によると、碑文は書き込みが逆さまに川に面して、1903 ADに位置が固定されるようにシフトされます。 1987年センターは川から±150フィート北本土Ciaruteun(川の上)に移動しました。もともと地区Ciampea Ciareteun含む河川石碑に位置しています。しかし、石が地区Cibungbulang含め向こう側(1981)に位置している村で除去し、dicungkup河口たので。川の流れCiaruteunで見つかったので、この碑文碑文Ciaruteunは知られています。
その後、碑文はJ.Ph.して、スクリプトを変換して翻訳されていますフォーゲル(1925)は、Javaの最古のサンスクリット語の碑文は、RM NG。 Poerbacaraka(1952)。 4行8音節音読書の各々によって英字パラーバSangsakertaで書かCiaruteunの碑文:
 
中身
vikkrantasy avanip Ateh
^ Rimatah purnnavarmmanah
tarumanagarendrasya
vishnoriva padadvayam
 
翻訳:
"(旧)ヴィシュヌの足のような2フィート、それは女王陛下の土地に足Purnawarman、Tarumanegara王、世界の勇敢な王である"。
151センチメートル、上部直径:72センチ、底の直径:134センチメートル碑文には、サイズの高さと岩の安山岩に書かれた。足跡や手紙に刻まれた絵のクモのペアの形で傷。書き込みは肛門体インドのリズムに合わせて詩の形式で書かれた4行で構成されています。この碑文ではヴィシュヌ神の足跡と同一視されている2つの足があります。
王国Tarumanagara、Purnawarman王の名前と(おそらく)インpujanya神ヴィシュヌの名前:3つのことを知っている碑文の内容に基づいて。場所の宮殿を指し兆候はありません。どこで発見Tarumanagara地域エリアを含めて、もちろん、唯一の特定。碑文は、5世紀に作ら書くときのpertanggalanや思想が含まれていません
今まで混雑しても、専門家によって議論していたこれらの碑文からは解決できないものがふたつあります。華やかな彫刻のようなものがあっても、文字、いわゆるレターカールであると考えられている最初のもの。これら二つは、足跡の前に "スパイダー"のような徴候のペアです。理論や​​推測はマニホールドを提起した。いくつかは、領域 "文字列のウェブ"の王たちによって制御される電力のスパイダーのエンブレムを疑う、誰もが "ソーラーツイン"のシンボルとして考え出したものと、団結のシンボル "太陽と月 '(太陽と月)とみなされます。厳密には "巻き毛の手紙"と過去の秘密だらけだった "スパイダー"を話す。
碑文は、ボゴールの街から遠くないですし、面積は国有となっており、環境をレイアウトし、文化的な名所として使用されている場合4-5世紀から王国Tarumanegaraから、この碑文は、特にのために、潜在的な非常に稀であるた生徒や学生。

場所:村Ciaruteun、地区Cibungbulang
座標:06°31'39 9 "S、106°41'28 5" E
電話番号:
Eメール:
インターネット:
方向:±19キロ南西ボゴール市の。使用することができます - ボゴールルートCiampea siRNAをLebak-シンパンCiaruteun川下(場所)。ボゴールルートCiampea(±45分)を使用して、バイクタクシーに続いて交差点LebakのsiRNAに達し±1.5キロまでの場所に加えて。
設備:
営業時間:
閉じる:
チケット:
その他の情報:



別の宛先